== ウイスキー ==

普段良く飲んでいるビールや日本酒は、大麦や米などの穀物から作られています。
ウイスキーも原料は同じ。
トウモロコシやライ麦、オート麦、麦芽など。
これらの原料はビールとほとんど変わりません
大雑把な言い方ですが、ウイスキーはビールを蒸留して出来たお酒なのだとイメージしてもらえば良いでしょう。

酵母の力で発酵したワインを蒸留して製造するブランデーと、原理は同じです。
蒸留することでよりアルコール度数の高いお酒ができ、雑味を極限までカットする事が出来ます。
その後樽に詰めて熟成させることで、まろやかなコクや独特の色、トロッとした舌触りなどの個性が生まれるのが特徴です。

有名な産地

意外な事ですが、ウイスキーの産地は世界中に5か所しかありません。
ワインやブランデーの一大産地であるフランス、ワインの産地イタリア、ビールの本場ドイツなどでは製造されていないのです。

ではウイスキーの産地はどこになるのでしょうか?
実はスコットランドアイルランドアメリカカナダ日本と5つの産地しかありません。

日本にはサントリーの山崎や響、ニッカの余市、竹鶴などのブランドがあるため身近にあるお酒と考えてしまいがちですが、世界的に見ても産地が限られているのは意外です。

画像出典元:https://wondertrip.jp/europe/scotland/30076.html

有名な銘柄

有名な銘柄と言えば「マッカラン」。
ロールスロイスと表現されるほど高級で正統派の銘柄です。
オークションではザ・マッカラン64 in ラリック シール・ペルデュが、約3,900万円で落札されている程の人気
自宅にマッカランがあり、誰も飲まないまま放置しているのなら是非査定に出してみるべきです。

マッカラン以外にも有名な銘柄にグレンフィディックやグレンファークラス、ハイランド パーク、ボウモア、アードベッグなどがあります。
日本のニッカ、サントリー、イチローズモルトも人気があり、貴重な限定品なら約75万円という信じられない買取価格で取引されるものもあります。

画像出典元:http://joylab.jp/

買取価格相場

酒買取りサービスでは、マッカラン 1946(鍵付木箱入)の買取価格は約80万円となっており、非常に高額です。
マッカラン 55年 シックスピラーズコレクションは約55万円、1971年物のマッカラン ファイン&レアは約45万円など、マッカランに関しては高額で取引できるものがあります。

グレンフィディック 50年ものは買取価格80万円、1955年物のグレンファークラスは約10万円、ブラックボウモア42年ものは45万円、サントリー響 十四代酒井田柿右衛門作 35年ものは75万円など驚きの査定額が飛び出しています。

== まとめ ==

・ウイスキーは大麦や米などの穀物が原料
・ウイスキーはアルコール度数が高くまろやかなコクや独特の色が特徴
・ウイスキーの産地は『スコットランド』/『アイルランド』/『アメリカ』』/『カナダ』/『日本』の5か所のみ
・有名な銘柄「マッカラン」はオークション
・酒買取サービスで非常に高額で取引されている