== ワイン ==

ワインに関する最古の記述はギルガメシュ叙事詩(紀元前2,000年頃)だと言われており、とても長い歴史があります。
このお酒は葡萄を原料に製造されているため、日本では葡萄酒とも呼ばれていますね。

ワインは酵母の力で発酵させて作った「醸造酒」。
同じ醸造酒でも、麦芽やお米など穀物から作られたものがビールや清酒になります。
つまりワインとビール、清酒は、原料が違うだけで「酵母の作用により製造されたお酒」というくくりは同じなのです。

ここではワインの特徴や有名な銘柄、買取価格などをまとめています。

有名な産地

ワインと言えばすぐに思い浮かぶのがフランスです。
現在世界中で栽培されているワイン用の葡萄は、その大部分がフランス原産となっています。
つまりフランスが葡萄酒の故郷ということになりますね。

フランスで有名な産地はロマネ・コンティのブルゴーニュ地方、シャトー・マルゴーのボルドー地方、そしてドン・ペリニヨンで有名なシャンパーニュ地方です。
これら産地の名前を一度は耳にされた事もあるかと思います。(参考サイト:幻のワイン

他にも有名な産地としてはイタリアやアメリカ合衆国もあげられます。
イタリアはフランスと生産量を競う世界トップクラスの原産地。
有名な産地は北部にあるピエモンテ州と中部のトスカーナ州など。
イタリアでは食事中にたくさんのワインを飲む事でも有名です。

そして生産量世界第3位の国が、実はアメリカ合衆国。
主な産地はカリフォルニア州で、なんと4,000以上ものワイナリーがあります。
ワインはアメリカ人にとって身近にあるお酒なんですね。

有名な銘柄

お酒買取りではやはり、有名銘柄や作られた時期が大事になってきます。
有名な銘柄と言えば、ロマネ・コンティ社が手掛けるロマネ・コンティやモンラッシェ、リシュブールなど。
またシャンパーニュ地方で作られる高級シャンパンと言えばドン・ペリニヨンが有名です。

イタリア産ではキャンティやルネッロ・ディ・モンタルチーノ、バローロなどが有名銘柄になります。
アメリカ産の場合はオーパス・ワン、スクリーミング・イーグルが有名銘柄です。

とくにロマネコンティは狭い畑で生産されているので希少性が高く、1本120万円以上の値段がつく超高額商品もあります。
自宅に古い葡萄酒が眠っているなら、酒買取りサービスで査定してもらうと良いかもしれません。

画像出典元:http://joylab.jp/category/wine/drc.html

買取価格相場

買取価格の相場は、ワインの保存状態や生産された年などによって差がつきます。
ロマネ・コンティ モンラッシェの買取価格は約25万円、ロマネ・コンティ ラ・ターシュは約24万円、リシュブール アンリ・ジャイエになると買取価格は約70万円となります。

== まとめ ==

  ワインは酵母の力で発酵させて作った「醸造酒」
  日本では葡萄酒とも呼ばれている
  ワイン用の葡萄は、ほとんどがフランス原産
  フランスで有名な産地は『ブルゴーニュ地方』/『ボルドー地方』/『シャンパーニュ地方』
  イタリアはフランスと生産量を競うワイン原産地
  有名な銘柄「ロマネコンティ」は希少性が高いので1本120万円以上の値段がつく商品がある